事業と業績

展開する事業

当社は、「産業ガス」「エレクトロニクス」「サーモス」の3つのビジネスを展開し、グローバルでの競争力強化と成長事業への経営資源の集中を進めています。(財務報告開示セグメントは、「国内ガス事業」「米国ガス事業」「欧州ガス事業」「アジア・オセアニアガス事業」「サーモス事業」の5つの区分を採用しています)
また、産業ガスのサブ事業セグメントとして「メディカル」ビジネスも展開しています。

産業ガス事業

産業ガス事業の画像

産業ガス

日本、米国、欧州、アジア・オセアニア各地域で、産業ガスを製造・供給し、あらゆる産業をサポートしてます。

産業ガスとは?

メディカル事業の画像

メディカル

病院・在宅医療に欠かせない医療用ガス、液体窒素の冷熱を利用した細胞保存容器、陽電子放出断層撮影(PET:Positron Emission Tomography)診断で使われる酸素の安定同位体などを供給しています。

エレクトロニクス事業

エレクトロニクス事業の画像

主に半導体(メモリ・センサー・ロジック)、液晶分野の製造プロセスで利用される電子材料ガスを供給し、最先端技術の発展・普及に貢献しています。

サーモス事業

サーモスの画像

持続可能な社会に求められる新たなライフスタイルを創出するために、さまざまな製品を提供しています。

サーモスコーポレートサイト

事業を支える基盤技術

産業ガスやエレクトロニクスの事業を支える技術として、主に、以下3つの基盤技術があります。

プラントエンジニアリング事業の画像

プラントエンジニアリング技術

空気分離装置(ASU:Air Separation Unit)の設計・製作・据付・メンテナンスまでの一貫したプラントエンジニアリング技術を持ち、高効率で優れたアルゴン収率(大気中からアルゴンを収集する性能)を持つプラントを国内外で数多くの納入した実績があります。

ガスハンドリング技術の画像

ガスハンドリング技術

多種多様なガスを製造・混合・精製する高度な専門技術を持ち、適切な設備や保安技術に基づいて安全に供給できますので、あらゆる製造業の生産活動を支え、新たな生産プロセスの提案などを通じ、お客さまや社会にさまざまな価値を提供しています。

ガスアプリケーションの画像

ガスアプリケーション
(ガス利用)技術

エアセパレートガスや電子材料ガスを中心に、ガス利用設備(機器類)のたゆまない研究開発と、100年以上のガス供給経験・知見・実績に裏打ちされたガスハンドリング技術を組み合わせて、お客さまの要望に即した課題解決に繋がるガス利用技術を提案しています。

業績推移

当社は、2017年3月期(2016年4月~2017年3月)より国際財務報告基準(IFRS)を任意適用しています。
2017年3月期および前年度にあたる2016年3月期はIFRSに準拠し、2015年度は日本基準を適用しております。

売上収益
(単位:百万円)
2017/03 2018/03 2019/03 2020/03 2021/03
581,586 646,218 740,341 850,239 818,238
営業利益
(単位:百万円)
2017/03 2018/03 2019/03 2020/03 2021/03
53,664 59,862 66,863 93,921 88,846
当期利益
(単位:百万円)
2017/03 2018/03 2019/03 2020/03 2021/03
34,740 48,919 41,291 53,340 55,214
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。

本画面に掲載されているIRニュースは、(株)インフォネットの適時開示情報サポートサービスを利用しています。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。このサイトを使用することにより、プライバシーポリシーに同意したことになります。