イニシアティブへの参画

気候関連財務情報開示タスクフォース (TCFD:Task Force on Climate-related Financial Disclosures)

日本酸素ホールディングスは、2019年11月にTCFD※への賛同を表明しました。当社グループは、これまで環境負荷低減や省エネルギー活動の推進、GHG排出量削減に貢献する製品の拡大に取り組んできましたが、TCFDの最終提言を踏まえ、これらの取り組みの充実化とともに、関連する情報開示を段階的に拡充し、グループ全体で企業価値向上に努めていきます。

※ TCFDは2017年6月に最終報告書を公表し、企業などに対し、気候変動関連リスク及び機会に関するガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標の項目について開示することを推奨しています。

CDP

CDPへの回答

当社は2020年から国際的なNGO(Non-governmental Organization:非政府組織)である「CDP※」からの調査に回答しています。
2023年は、気候変動質問書と水セキュリティ質問書へ回答しました。それぞれの回答は以下をご参照ください。
※英国で設立されたNGO(旧称Carbon Disclosure Project)。機関投資家などと連携し、企業や自治体に対して環境問題対策に関する情報開示などを求め、調査・分析を実施しています。

国際グローバル・コンパクト (United Nations Global Compact)

国連グローバル・コンパクトへの署名

当社は、国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト(以下、UNGC)」に署名し、2022年1月18日付で参加企業として登録されました。また、UNGCに署名している日本企業などで構成される「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」に加入しました。併せて、当社グループ会社である Nippon Gases Euro-Holding S.L.U.もUNGCに署名し、参加企業として登録されました。

UN Global Compact

国連グローバル・コンパクトとは

UNGCは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、持続可能な成長を実現するための自発的な取り組みです。UNGCに署名する企業・団体は、人権、労働、環境、腐敗防止の4分野に関わる10の原則を遵守・実践し、健全なグローバル社会の実現に向けて企業活動を展開して行くことが求められます。
当社グループは、UNGCに署名することで、企業姿勢を明確に表明するとともに、グループビジョンである「革新的なガスソリューションにより社会に新たな価値を提供し、あらゆる産業の発展に貢献すると共に、人と社会と地球の心地よい未来の実現をめざします」のもと、持続可能な社会への更なる貢献に向けた取り組みを一層推進してまいります。

国連グローバル・コンパクトの4分野10原則

分野 原則
人権 原則 1.国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
原則 2.人権侵害に加担しない。
労働 原則 3.結社の自由と団体交渉権を承認する。
原則 4.あらゆる形態の強制労働を排除する。
原則 5.児童労働を実効的に廃止する。
原則 6.雇用と職業に関する差別を撤廃する。
環境 原則 7.環境問題に対する予防的なアプローチを支持する。
原則 8.環境に関するより大きな責任を担う。
原則 9.環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。
腐敗防止 原則 10.強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。