日本酸素ホールディングスは、従業員の働き方や健康に配慮することは、個人の能力を高め、生産性の向上及び企業価値の向上につながる経営戦略の一環であると考えています。そこで、従業員一人ひとりがいきいきと働ける会社をめざして、心と体の健康を実現する「健康経営」を進めています。健康という視点から企業の最も大切な財産の一つである「働く人」の活躍を最大化すべく、積極的な取り組みを推進していきます。

大陽日酸健康経営宣言

~従業員が活き活きと働ける会社を目指して~

大陽日酸は、従業員に求められる資質と行動「体・徳・知」の一つである「体:元気さ」を体現すべく、 「従業員の健康が全ての原動力」であるとの認識のもと健康第一の風土醸成を通じて健全な経営を推進し、豊かな社会の実現に貢献することを宣言します。

また、従業員一人ひとりの心と体の健康こそが会社の財産であると認識し、安全で快適な職場の実現を図ります。

従業員の皆さんも、ご自身、ご家族の健康が仕事および生活の原動力であることを理解し、自律的な健康維持増進を心掛けるとともに、健康第一の企業風土の醸成に積極的な参加をお願いします。

2017年4月1日
代表取締役社長 CEO
市原 裕史郎

大陽日酸健康経営推進体制

大陽日酸健康経営推進体制の図

従業員の健康増進

当社では、「従業員の健康がすべての原動力」であるという考えのもと、健康第一の風土の醸成をめざしています。従業員の健康増進のため、全従業員対象の健康診断はもちろん、健康施設の利用や健康プログラムへの補助、長時間労働者への医師面談などを実施。また、単身赴任の従業員には全従業員対象の健康診断に加え、年に1回の人間ドックおよび脳ドッグの受診を義務付けています。
さらに、産業医や健康保険組合と連携し全支社に産業医を選任することで、超過勤務者への対応やメンタル不調者の職場復帰支援を迅速化、がんの早期発見に向けた定期健診項目の見直し、インフルエンザ予防接種への補助、禁煙外来の補助制度の導入を行っています。
2019年3月期には、初の試みとして「働く女性のためのすこやか健康作りセミナー」を日本酸素ホールディングス本社で開催しました。働く女性を支援しているパソナ社から、女性管理栄養士・保健師・トレーナーを講師に招き、女性のホルモン、運動、食事の3つのテーマで構成された、日々の仕事にも役立つセミナーを実施しました。今後も女性従業員が健康で働くことのできる環境作りをしていきたいと考えています。
また、過去に石綿を取り扱った経験のある元従業員のうち希望者には毎年健康診断を実施しており、診断の結果、石綿健康管理手帳の交付や労災認定を受けた元従業員に対しては、補償制度を設けて対応しています。

2019年3月期に行った「働く女性のためのすこやか健康作りセミナー」では、参加者全員でストレッチの写真
2019年3月期に行った「働く女性のためのすこやか健康作りセミナー」では、参加者全員でストレッチ

健康を可視化するウェアラブルデバイス

2018年3月期から、個人の健康関連データを可視化するリストバンド型のウェアラブルデバイスの配布を開始しました。日々の自分の健康状態を知ることで、健康意識を高めてもらうことを目的に、歩数や脈拍、睡眠時間、カロリー消費などを把握できます。2020年3月期時点で、約1,300人の従業員が使用しています。2018年7月からは、毎日の歩数データをポイント化してさまざまなサービスに交換したり、日本赤十字社などへの寄付に交換できたりするウォーキングポイント制度も導入しました。楽しみながら健康管理を継続してもらうための工夫を行い、今後は、関係会社や被扶養者へも広げていきたいと考えています。

配布されたウェアラブルデバイスの写真
配布されたウェアラブルデバイス

メンタルヘルスケア

当社では、外部専門業者によるEAP(従業員支援プログラム)サービスを導入し、社外カウンセリング窓口を設ける一方、社内においても復職支援プログラムを整備するなど、メンタルヘルスケアへの継続的な取り組みを行っています。

メンタルヘルスケア研修受講者数
主事 管理職
2015年3月期 25名 38名
2016年3月期 37名 38名
2017年3月期 32名 24名
2018年3月期 32名 28名
2019年3月期 35名 29名
2020年3月期 37名 32名

福利厚生制度

当社では、従業員の生活を支える福利厚生として、転勤者への社宅・寮の貸与はもちろんのこと、結婚した従業員への家賃補助、持ち家を取得した従業員への補助、持ち家取得のための会社保証、金利優遇、利子補給などを盛り込んだ貸付金制度を整備しています。また、自社所有の保養所(3カ所)は、従業員とその家族、OBも安価に利用できます。

健保理事からのコメント

大陽日酸健康保険組合 常務理事 坂井 章良
大陽日酸健康保険組合 常務理事
坂井 章良

健康保険組合では、データに基づいた保健事業を行い、従業員及びそのご家族の方の健康増進・維持に寄与するための活動をしています。2018年に当社とコラボヘルス推進の覚書を締結し、本格的に会社と一体となって従業員の健康維持増進に努める活動をしています。

一方で、健保側から従業員に働きかけていくという点が課題でもあります。当社の健保の場合はいわゆる顧問医や保健師といった医療専門職がいません。例えば健診結果に基づく受診勧奨を積極的に行いたいのですが、個人情報保護の観点から現在の体制では難しいところです。したがって医療専門職の方の協力が得られるような体制にできればより良いと思っています。健保としては、いかに会社と連携しながら従業員一人ひとりに働きかけていくかというのが、今後も重要になってくると思っています。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。このサイトを使用することにより、プライバシーポリシーに同意したことになります。