サステナビリティマネジメント

バリューチェーン全体を通じた環境・社会活動

日本酸素ホールディングスグループは、開発・生産、供給、販売、製品利用時に至るまで、事業活動のすべてのプロセス(バリューチェーン)において、環境・社会面において関係するステークホルダーにどのような影響を与えるかを認識し、リスクを回避・軽減するためのさまざまな活動を行っています。また日本酸素ホールディングスグループだけではなく、すべてのステークホルダーとの連携・実践を強化していくことで、持続可能な社会への貢献を推進していきます。

ESG管理体制

日本酸素ホールディングスでは、社長CEOを議長とするグローバル戦略検討会議を年1回開催し、『技術リスクマネジメント社長方針』に基づいて技術リスク(保安、品質・製品安全、環境、知的財産に関連するリスク)管理の重要な取り組み方針を決定します。

日本酸素ホールディングス 監査体制及びリスク管理体制

日本酸素ホールディングスグループ リスク管理体制

技術リスクマネジメント 社長方針

「The Gas Professionals」として、関係法令等の遵守を徹底するとともに、事業活動の根幹である保安、品質、製品安全、環境、知的財産の技術リスク管理について次のとおり方針を定める。
この方針を従業員一人ひとりが確実に理解、実行し、全社的な管理体制と大規模地震などの非常災害に対する事業継続計画を構築・運用し、継続的改善を行うことで、これらのリスクを低減させ、事業活動全般における顧客満足の向上に努めるとともに、公共の安全の確保、地球環境保全への貢献によって、社会の信頼を獲得し、事業の健全な発展と企業価値の向上を図る。

  • 保  安:「ガスを売ることは安全を売ること」の精神に則り、自主保安を確実に実践する。
  • 品  質:高度化、多様化する顧客および社会の要求事項を的確に把握し、最適な品質を提供する。
  • 製品安全:製品の全ライフサイクルにわたってリスクを低減し、安全・安心な製品を提供する。
  • 環  境:地球環境負荷の低減と汚染の予防に取り組む。
  • 知的財産:知的財産権の取得と活用により、他社との紛争を未然に防止する。

SDGsへの貢献

当社グループの主力製品である産業ガスは、自然のめぐみともいえる空気が原料です。したがって、地球環境はかけがえのない存在であり、地球環境を持続可能な状態で維持し未来につなげていくことは、当然の使命であると考えています。当社グループは、ESGマテリアリティを策定し、産業ガス事業を通じて持続可能な開発目標(SDGs)に貢献していきます。

SDGs画像

イニシアチブへの参画

当社グループは、国内、海外企業を含めて各種イニシアチブに参画しています。日本酸素ホールディングスとしては、2019年、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に賛同を表明しました。今後、提言に沿ったガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標といった情報の開示に向けて取り組んでいきます。国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)は、17の目標と169のターゲットを掲げています。当社グループもその実現のために貢献していきたいと考えています。

このウェブサイトはクッキーを使用しています。このサイトを使用することにより、プライバシーポリシーに同意したことになります。